top of page
  • a-murata5

評価替え


不動産の評価は3年に一度見直し(評価替え)されますが、令和3年度はその評価替え

が行われる年です。


 毎年の事ですが3月に受任する相続関係のご依頼は、評価証明書を取得するタイミング

に悩みます。

 というのも毎年3月末をすぎると、登録免許税の算定に使用する評価証明書の年度が

変わるのです。

 なので令和2年度の評価証明書を取得しても、いざ戸籍が揃い、協議書の捺印が揃い、

さあ申請という段階で4月に入ってしまっていると、評価証明書を取得しなおさないといけ

ません。

 じゃあ登記申請の段階で取得すればいいのかというと、客様が一番知りたりであろう

実費込みの見積金額を出すためには、依頼の初期段階で評価額を知っておく必要があります。

 ではでは、依頼の初期段階で令和2年度の評価証明書を取得し、登記申請の段階で4月に

入っていたら令和3年度の評価証明書を取得すればいいじゃない、となりますよね?

 でも、そうすると実費を2重に頂かなくてはならないし・・・とウジウジ悩むわけです。


 いっそネット登記情報のように、ネットで安価に開示する制度にしてもらいたいものです。

(個人情報の関係といいますが、登記簿はお金払えば所有者の住所・氏名・借入額が見れて

しまいますから、そっちの方がよっぽど個人情報的にどうなのかと・・・)



1 view0 comments

Comments


bottom of page